招待状を手作りしよう

招待状について

このサイトでは結婚式の招待状を手作りしたいという方への情報を提供しています。
必要なものや手順、文例について、座席表の作り方、自作ムービーを流したい、ペーパーアイテムを外注するメリット・デメリットは何か、といった内容について紹介しています。自分たちで用意することで、式場に依頼したり、外注業者に依頼するよりもコストを大きく抑えることができる上、二人のオリジナリティを出すことができます。参考にしてください。

結婚式の招待状を手作り

結婚式の招待状を手作り 結婚式の準備にはお金がかかるものですが、ペーパーアイテムを手作りすることで二人らしさを出しながら出費を抑えることも可能になります。
招待状を手作りする方法については、用紙やリボンから自分たちで用意をして作成する方法と、ネット通販などでキットを購入して自分たちで印刷をし作成する方法があります。こだわりがある方やハンドメイドが好きな方は用紙から自分たちで装飾を施していくことで、心のこもった温かみのある招待状に仕上がります。キットを購入して作成する場合は、テンプレートにそって文面を作成し自分たちで印刷することができれば、結婚式場に依頼するよりも大きくコストを抑えることができオリジナリティを出すこともできます。

招待状はいつ送るのが正解なのか

招待状はいつ送るのが正解なのか 結婚式の招待状はいつ送るのが良いのか、結婚式をしたことがある人は共感できる疑問です。
結婚式の招待状を送るためには、参加してくれそうな人をピックアップしていく必要があります。学生時代に仲が良かった友人であれば迷わず送っても良いですが、職場の同僚や数回しか会話をしたことがないような友人はどうすれば良いのか迷ってしまいます。
わずかな関わりしかない人を結婚式に呼ぶのは失礼にあたることもあるので、ここは少し慎重になったほうが良いです。呼ぶ人をしっかりと吟味してから招待状を送るので、大体結婚式当日から逆算して2ヶ月前くらいが一般的です。早くても3ヶ月前にして、半年前などに送るのはやめたほうが良いです。直前で送るのはかなり失礼なので、最低でも1ヶ月前までに参列者の手元に届くようにします。返事をする時間も考えなければいけないので、自分達の都合だけで考えてはいけません。
参列者の中には結婚というものに興味を持っていない人もいますし、正直に言うと面倒だなと思っている人も存在します。そういった人達にも足を運んでもらうことになるので、誠意を持って対応するのが大事です。いつまでに送るのが正解というのはないですが、相手の予定のことも考えてあげると良いです。

神戸で結婚式を挙げるなら

神戸の結婚式場情報

新着情報

◎2021/5/27

おすすめのクラシックピアノ曲
の情報を更新しました。

◎2021/2/14

招待状に貼る切手
の情報を更新しました。

◎2021/1/31

サイト公開しました

「結婚式 招待状」
に関連するツイート
Twitter

一般結婚式に参列する運びになったのだけど、一般結婚式ではだれもが当たり前のようにデジ一を構えないし参列者が招待状のデザインから印刷発注までしないし会場入り口に新郎自身の手による似顔絵が飾られたりしないしという事実を指差し確認している

返信先:それでも妹の結婚式招待状すら来なかった僕よりは良い。

返信先:結婚式招待状おれももらう

結婚式招待状、早いとこ返信しないといけないけどやる気が起きないな でもちゃんと可愛く描きたいし

結婚式招待状の返信用ハガキの「メッセージ」の欄って何書いたらいいのか分からん。”裏切り者に死を”とか書いたらいいのかな。